• めぐみのについて

  • 児童発達支援・放課後等デイサービス もなか

  • 就労移行支援施設 すずかぜ・墨田

  • 就労移行支援施設 すずかぜ・亀有

  • 北海道とのつながり

  • ひなた保育園 行徳駅前ルーム

  • ひなた保育園 下矢切ルーム

理事長 山下 三成

特定非営利活動法人めぐみの
理事長 山下 三成

障がい者にもチャンスを、
人と寄りそう安心とゆとりを。

人には必ず備わっている、その人なりの長所があるものです。
どんな人達でも持っているキラリと光るものを感じたら、引き出して伸ばせる、そんな環境が必要ではないでしょうか。それは子どもでも、大人でも変わりません。
子どもであれば遊ぶことと楽しむこと。大人であれば、社会と関わりながら充実した生活を送ること。それが心の【やさしさ】と【ゆとり】になります。
人と寄りそうことで生まれる安心と自信、それが将来的な自立につながる。そんな支援の場を提供したいと考えて創ったのが“NPO法人めぐみの”です。

“めぐみの”がまず最初に立ち上げたのは、障がいを持つ皆さんが社会で生きていく力を身につけ、チャンスをつかむ場とした“すずかぜ”でした。
“すずかぜ”には3つの約束というものがあります。

「元気に毎日通うこと」「他者を思いやること」「家族に笑顔を見せること」

この約束が社会性を育み、自立するチャンスにつながるのです。

この約束を守り、一般社会への就労をめざすのはそう簡単なことではありません。
その人が過ごしてきた環境や生活習慣、ご家庭の状況、幼いころに愛情と教育を受けていたか、それは学校を卒業し大人になったときに大きく影響します。
大人になるずっとずっと前の時期からの支援。その重要性に気が付き、立ち上げたのが“もなか”です。

“もなか”の務めは、障がいを持つお子様が小さいうちから3つの約束を身につけられるように、幼児期から学校卒業までの間、お子様とそのご家庭を応援することです。
子どもに一番必要なのは、何をおいてもまず「家族の愛情」です。家族の抱える悩みや不安を一緒に分かち合いながら、将来に向けた長期的な支援を目指しています。

また“めぐみの”は乳幼児期の保育にも着手しました。
0~2歳の乳幼児期という、無垢な可愛い赤ちゃんのときに「のびのびとした空間で、人とのふれあいとぬくもりを大切にする」保育を提供し、親御さんの子育ての手助けができる。
そんな小規模保育園“ひなた”の運営を行っています。

理事長 山下 三成

“めぐみの”では今後、自然の「恵み」や喜びを体感させ、社会参加を図る事業展開を進めていきたいと考えております。

特定非営利活動法人めぐみの
理事長 山下 三成